<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先日、Halの通う幼稚園の父親参観なるものに参加してきた。普段Yuikoから話は聞いていたものの、目の前のHalの行動はかなり目に余るものがあった。先生が絵本を読むのをみんなが輪になって取り囲む中、彼は別室でミニカー遊びをしていたり、お父さんと一緒の椅子取りゲームのようなミニゲームでは、勝手にルールを作って(彼の中に独自のルールがあるのは分かる)、その場を混乱させたり、およそ集団行動に適さないことばかりしていた。思い込みかもしれないが、あんたがHalの父親なのね、と人の先生からは冷たい視線も浴びた。

集団に馴染もうとしないHalを見ていて思い出したのは、自分の幼稚園の頃の話。当時、園内に放し飼いの鶏がいた。そいつを捕まえて空に放つと、ブサイクにばたばたと羽をばたつかせて3mほど向こうに着地する。そんな遊びに夢中になっていたら、いつの間にか休み時間は終わってグラウンドに僕一人になっていた。気付くと教室の中から先生とクラスメイトがみんなで僕のことをニヤニヤ笑いながら見ていた。教室の鍵が内側からかけられていて、僕はグラウンドに閉じ込められた形になったわけだ。今も時々そうだけど、僕は夢中になると本当に他のことが届かなくなってしまう、そういう子供だった。

それがうまくかみ合えば注目される存在になったし、かみ合わなければ疎まれることになった。ある頃からは、集団行動をする上ではこうしたほうがよいということも分かっては来たが、時すでに遅く、こうしたほうがよいという世間的な基準など、どうでもいいと思ってしまっていた・・・。そんなだったので、楽しい思いも、しんどい思いも人より少し多いほうだったんではないかと思う。Halもそういう部分では似たような人生を送るのかもしれないな、と思う。


で、親としてどうするべきかを考えるわけだけど、そんな彼の性質を集団に馴染むよう矯正するのではなくて、モーターレースのピットのような、彼が再び走り出すための戻ってくる場所になりたいな、と思う。パパとママが彼にとって絶対的な場所だったら、元気に幼稚園に行けるはず!と思うから。そういうピットクルーに僕はなるよ。なぜなら、集団に馴染んでないようなHalのほうが、Halらしいと思うからね(笑)。
[PR]
by beerman7 | 2012-06-25 21:03 | HAL・HANA
b0027109_1885619.jpg
ルーイ県のダンサイというところで毎年開かれるピーターコンという仮装祭りの撮影に行ってきた。祭りの目的は雨乞いだというが、雨乞いと仮装がどうも繋がらない。屁理屈はどうあれ、写真を撮るのが目的だからまあいっか。


このお祭りを一度は見てみたいという人のために、現地の情報を。

1)アクセス:北バスターミナルからダンサイ行きのバスが出ている。400バーツとのこと。僕は、仲間とミニバスを一日2000バーツでチャーターしてしまったので、長距離バスには乗らなかった。それでも一人1500バーツほどであったから、現地での足の確保も含めて考えるとなかなか良い選択であった。

2)宿:町のメインストリートの中ほどに、ホームスティ(要は民宿)の斡旋所がある。タイ語しか通じないけど、電話番号は042-892339、086-8624812。ここで、一泊150バーツでホームスティ先を紹介してくれる。ただし、会場となるメインストリートから離れすぎると、足がない場合に帰るのが大変なので、立地も要確認。朝と夕食もそれぞれ70バーツで頼むこともできるが、高いのでホームスティ先に直接払ったほうが得。

3)その他:特に何もない町。セブンイレブン有。朝晩は少し寒いくらいだが、とても過ごしやすい。空気はとても綺麗なので、もう少しのんびりしていたかった。


More Phi Ta Khon
[PR]
by beerman7 | 2012-06-23 23:59 | PHOTO
b0027109_1864275.jpg
タイプレミアリーグというのを、知っているだろうか。日本の方はほとんど知らないと思うが、タイにもプロサッカーリーグがあり、日本でいうJリーグが、ここ最近タイで盛り上がりを見せていて、日本人も25名ほどの選手が活躍中である。その日本人を応援しようというサイトSamurai×TPLを運営しているはまちゃんは知り合いで、そのはまちゃんにお願いして、競技場内に入ってサッカーの写真を撮らせてもらっている。日本ならプロリーグをゴール裏から撮れる機会などあるわけもないので、これもタイならでは、というところか。

撮影のほうは、これがなかなか難しい。選手の早い動きについていけずに引いた画角になると、単に「サッカーをしている風景の写真」になってしまうし、望遠ズームで引き寄せると今度は視界が狭くなって被写体をロストしやすくなる。それでもドリブルしている選手を追うのは比較的簡単であるが、ヘッディングやスライディング、ボレーシュートの瞬間など、いわゆる写真栄えする瞬間を切り撮るのはかなり難易度が高い。あらかじめその選手にパスが出ることを想定してピントを合わせて待ち構え、その瞬間にシャッターを押す必要があるが、まあこれはシロウトにはほとんど無理だと思う。少しずつ、練習していくしかないね。

ところで、写真を撮るうちに気付いたのは、サッカーボールが主役であるこのスポーツは、写真の中に必ずボールを取り込む必要がある、といこと。でないと、単にサッカーのユニフォームを着ておしくらまんじゅうしていたり、苦しそうに走っている人がいるだけの間抜けな写真になってしまう。そうすると、必然的にボールタッチの多い選手の写真が増えてしまうことになるが、このところはまちゃんから、この選手を中心に写真を撮ってくださいとオーダーが来るので、ボールばかりを追い回して撮るという訳にも行かなくなってきた。

そしてもうひとつ重要なことは、カメラの機材である。まあ弘法筆を選ばず、なのだろうが、へたくそな僕こそ、機材の力を借りて、撮りたい瞬間を手に入れるべきなのである。今まで使っていたα900やα700は、スナップ撮りなどは全く問題ないが、スポーツとなるとAFが弱くて遅い(=動く被写体にピントを合わせるのが大変)、連写が遅い(=下手な鉄砲では当たらない)、高感度に弱い(=シャッタースピードを上げにくい)ので、機材としては弱い。ということで、すでに旧モデルにはなってしまったが、キヤノンの1D MarkⅣを購入することに。

まだ使いこなせてないので、操作に迷ったりすることはあるものの、この前会社のフットサル大会で試し撮りしたところ、SONY機では難しい写真が、いとも簡単に撮れてしまった。次回からはこのカメラで撮影に挑むので、乞うご期待!


More THAI PREMIRE LEAGUE
[PR]
by beerman7 | 2012-06-16 23:59 | PHOTO
b0149365_0351017.jpg
チャイナタウンと泥棒市場周辺は、バンコクのローカル生鮮市場同様、エネルギーが満ち溢れている場所だ。命が集まる場所だからなのだろうか、それとも食が街のエネルギーの元になるからだろうか…。

そこで生活する人々は、活気が特にあるというわけでもなく、しかしないわけでもなく、流れていくもわんとした時間の流れに身を任せているように見える。

そんなもわんとした感じを写真に撮れているだろうか?


More ChinaTown
[PR]
by beerman7 | 2012-06-08 00:47 | PHOTO