人気ブログランキング |

<   2005年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

菌のくせに名前が可愛らしいので調べてみたら、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらには胃ガンなどの原因として注目されているそうです。
b0027109_17552672.jpg

ピロリ菌のページ
b0027109_1211919.jpg

ゲレンデが最も似合わない男、会社の後輩O林、他3名で群馬へスキーに来ています。
天気いいよ。

そして新たな事実発覚。
「先輩って会社で“野人”って言われているの、知っていました?」
と、その後輩は教えてくれました。
少し普通でないようなキャンプなどをしているのが話題になっているようでした。
全然知らなかったー。でも光栄極まりありません。
by beerman7 | 2005-01-29 13:50 | 雑記
b0027109_1033159.jpg人体スペシャル 『脳の地図帳』








「ヒトの脳は、なぜ巨大化し、複雑になったのか?
脳の形態の変遷をみきわめれば、脳がもつ機能が自然にみえてくる。
発生的基盤にたち、極力簡略化、整理して、脳の構築を解説した
『脳の地図帳』が登場です。 」だって。
思わず買っちゃったよ。こういうの大好き。


他にも悩ましい本が続々。
『病気の地図帳』
『からだの地図帳』
『健康の地図帳』
『感覚の地図帳』
『細胞と組織の地図帳』
「『肯定』って強いですよ。
『ものを作って送りだす』って、
何かを肯定しなければ、できないことでしょう。」


<重松清さんが 『チームプレイ論。』の中で>


否定するのは簡単なんだよね。
そこにアンチテーゼを持って臨むのが否定するときのルールだと思っています。
それでもそれがなかなかできなくて・・・ね。
ルスツのスキー場で、グローブに落ちた雪の結晶を撮ってみました。
ちゃんと見たことない人、意外に多いんじゃないでしょうか?
不思議な綺麗さですよね。

知っている人は知っていると思いますが、地表近くの温度が低いと雪は地上まで結晶のまま落ちてきます。時には結晶同士が絡み合って落ちてくることもあります。
北海道でもそう日常的に見られるものではないです(よね?、さくらちゃん)。

b0027109_12201620.jpg

スケール感はこれでわかるかなあ?5mmくらいだね。黒いのはグローブだよ。
b0027109_12173024.jpg

飛行機出発までの時間を先輩と一緒に久々のすすきので過ごしました。なんだかとっても懐かしかったので、札幌駅から雪景色を楽しみながら歩くことにしました。大通公園では、札幌雪祭りのための足場が立ち始め着々と準備が進められているようでした。
b0027109_23302048.jpg

狸小路の居酒屋に入り、ししゃもとイカを炭火で炙りながらひれ酒を飲む。先輩とも久しぶりだったのでつい話が興に入ってしまい、気がつくと空港行き電車の時間が迫っていた。大通り駅から地下鉄に乗り、札幌駅に到着するやJRの駅のホームまで全力で走るはめになった。ひれ酒でいい気分だったのに、すっかり気持ち悪くなってしまいました。
by beerman7 | 2005-01-23 19:39 | 雑記
北海道のルスツスキー場でスキーをした後、細川たかしの出身地で有名な真狩村にある、その名もレストラン・マッカリーナ(格好悪いネーミングだと思う)でランチ(¥3000)を食べてきました。地元産の野菜を使ったフランス料理屋さんです。


b0027109_18172995.jpg地元産野菜を使った前菜もとてもうまかったし他もおいしかったんですが、特に印象に残った食材がポロネギとビーツだったんです。僕は物忘れが激しいので、お店の人に聞いたその食材を忘れないようにブログにメモしておいたんです。



b0027109_18195986.jpgポロネギ(リーキ)はムニエルになって出てきました。下茹でして、バターで表面を焼いただけだと言っていましたが、本当にネギかよ!という感じの肉厚感でうめーうめーを連発しました。



ビーツは、ボルシチの中に入っていたそうです。いたそうです、と書いたのはそれそのものはスープに溶けてよく分からなかったんです。サワークリームを落としたボルシチが砂糖ではない奥深いまろやかな甘さがあったので、この甘さは何ですか?とお店の人に聞いたら、ビーツですって言っていました。

でも前菜に感動しすぎたからか、メインの鶏のハーブソテーは普通でした。
今度キャンプのときにでも使ってみようと思います。
by beerman7 | 2005-01-23 15:30 | 雑記
昔、札幌で仕事をしていた人たち(同じ会社)とルスツのスキー場に行ってきました。スキーやボードが好きな、50代のおじさんから20代の女性までごちゃ混ぜ雑多雑種的に集まり、昼はスキー、夜はコテージで暖炉を囲んで宴会、翌日もスキーをするという行事が毎年続いています。札幌を離れた僕のような人間にとっては、久しぶりに昔の仲間友達に会える同窓会のような機会でもあります。
b0027109_13125869.jpg

普通は地方へ転勤になっても戻ってきてしまえばその土地とは縁が切れてしまいがちだと思うのですが、この行事のおかげでほぼ毎年北海道を訪れることができます。うれしいなぁと思うのは待ってる人がいる場所があるって感じられることです(別に待っていないかもしれないけれど)。心の中に、もうひとつふるさとがあるような感じかも知れません。その人たちに会うと、また東京砂漠で頑張るかーという気持ちになれます。
b0027109_13155166.jpg

そういう意味でもずーっと続いて欲しい集まりです。
by beerman7 | 2005-01-23 10:26 | 雑記
b0027109_18325519.jpg

今日は、むかし仕事でお世話になった人達に会いに、
妹の働くAIR DOで北海道へやってきました。

北海道のニワトリ屋さんが中心に立ち上げた航空会社の機体だけに、羽田に駐機しているときはなんだか自信なさ気だった(ような気がした)けど、千歳にきた途端、主役になったように見えてなんだか嬉しい気持ちになりました。その機体は北海道の大自然をバックにしているときが、一番映えるようです。

たったの2年しか住んでいなかったけれど、今の僕の仕事や人生のスタンスが形成された期間だったと思うので、ふるさとに帰ってきたような、懐かしい感覚です。

北海道を楽しんでまいりまする。
by beerman7 | 2005-01-23 00:39 | 雑記
人類は戦争とエロによって進歩するって今更言うまでもないか。
その昔、VHSとベータの規格争いもエロビデオのソフトを多く出したVHSが勝ったというものなあ。でも戦争とエロって人類にとってこんなに大きな原動力なのに、なかなか公の場では肯定的に語れませんね。

さて突然ですが、江戸時代。そこにもやっぱりエロは存在したわけでして。
なんとなくホッとします。
浮世絵ぎゃらりー

人間らしいって、ある意味動物的ってことだったりして。
by beerman7 | 2005-01-19 22:26 | 雑記