呼び方

今日は上司に誘われてのゴルフ。5年ほど前、北海道にいたときは会社の付き合いで数回行ったけれどつまらなくて、途中からゴルフで週末を潰すならと野山でがしがし汗をかいていた。それ以降ゴルフは一生やらないと決めていたが、タイでの仕事はどちらかというとまねーじめんとが主な仕事で客先との付き合いもあるのでゴルフをやるに越したことはない。というのも日系の会社だと建前も確かに大切だけれど、タイ人社会の影響か日本人も本音に近いところで仕事をするようになる、と感じる。詰まるところ相手を好きか嫌いかの世界だ。まっ、もちろんきっちり仕事をすることが前提条件ではあるけれど、例えば追加工事のお金を払うか払わないかというところでは(払ってもらえないことも結構あるのよ・・・)自分のことを好きになってもらっているかどうかがモロに出ると僕は思っている。ゴルフもその一環という訳で、僕もまあ年を食ってきたというわけであります。

さて本日、昔父親から貰ったゴルフバックを5年ぶりに開くとまずグローブがカビていた。紺色だった筈なのに黄色身を帯びている。しかも相当臭い。それを見かねて先輩がグローブを貸してくれる。結果は64+61=125。ドライバーはまっすぐ飛ばないし長いクラブはまともに打てないので、7番アイアンより短いクラブしか使わない作戦で行ったのでまあこんなもんでしょう。

その帰り、運転手とゆっくりと話しをする。本題はここから(笑)。今まで聞いたことがなかったけれど、4歳になる女の子がいるという。週末に仕事に出てきて子供は文句を言わないのか?と聞くと、田舎に住んでいる自分の母親のところに預けていて今はバンコクで恋人と二人暮しだといった。子供がいるのに恋人かよ?奥さんじゃないの?と突っ込んで聞いてみると、奥さんだよという。じゃあ何で恋人なんて言うんだよと聞くと、そういう気持ちでいつまでもいたいから呼び方なんてどうでもいいじゃないかという。ぼかーカンドウしちまったね。そういう気持ちは大事だもんなあ。・・・まあこれはあくまで僕のタイ語の理解が合っていればの解釈な訳で、そんな複雑な会話は実際できないけどね。

帰り際、恋人と晩飯を食いに行けよと多めのチップを渡した。僕はそこにヒエラルキーが存在してしまうのが嫌でチップを渡すのがあまり好きではない。つまり渡す側が上で貰う側が下という構図。貰う側にしたらそんな考えは迷惑な話でごちゃごちゃ言わずにくれよって話しなんだけどさ。でもまあ今日はチップではなく、奥さんを恋人と呼び続ける彼の心意気にチップを渡したのだ。明日はまた6時半ですね?旦那!と彼は少しおどけてそう言って手を振りながら帰っていった。

はいはいさいなら~。自分の懐にしまうなよ!
[PR]
by beerman7 | 2007-03-19 10:52 | タイログ