すかとろじい

Wikipediaって面白いねえ。これぞインターネットの醍醐味って感じ。みんなで作ってみんなで分け合う最たるものって気がするよ。でもって、調べたのがスカトロジー。糞便と自我の目覚めに関係があるとは思ってもみなかったなあ。


<人間心理とスカトロジー>
人間にとって糞便や尿は、日常的に目にする物であると共に、衛生面から見て決して好意的には語られない物であるが、人格形成においては、幼児期の最も基本的な社会性の教育課程である排泄訓練を通して、個人の秘密や主体性の確立といった成長を遂げる。

個人や自我という概念は、他人と自身の間にある種の意識面における敷居を設け、自分だけの秘密を持つ事から始まるが、排泄行為とは、排泄物を個室にこもって出し、自分で処理(水洗便所においては、排水する事で下水などに流す作業)する事で、世間一般の社会から自分の排泄物を隠す作業(儀式)に他ならない。故にこれらの行為を通じて、人は世間に対して、一定の秘密を持つ事になる。結果、排泄訓練教程を終えた児童は、等しく自己と他人の存在を意識し、自我とその他の間に境界を築き始める。

その一方で、排泄行為やそれら生理現象によって派生する事態は性別の区別無く、性的な発育段階においては様々な偶発的事件により、性的興奮を覚える切っ掛けになる事も多く、自身の放尿や排泄行為に性的な快感を覚える者や、他人のこれら行為に性的興奮を催す者も少なくは無い。特に排泄行為は最もプライバシー上で他人に侵される事の厭われる物であるため、ある種の支配欲の変形として、他人のこれら行為を見たがる者もある。



ところで、なんでこんなの調べたかっていうと別に大したことはなくて、Wikipediaでは関連する語句にリンクが張られているんですね。で、ある言葉を調べていてその関連語句でピンときたものをたどっていったらたどり着いたという訳です。そういう便利さもインターネットならではですね。

来週から日本に一時帰国します。
会える人も会えない人もお久しぶりでございます。では。
[PR]
by beerman7 | 2006-08-02 21:08 | 雑記