突然ですが、脳死について

●脳死と植物人間は違う
僕も勘違いをしていましたが、脳死と植物人間は違うそうです。
植物人間は、自分で呼吸をしています。意識こそないけれど、痛みを感じるし、さまざまな刺激に人間的な反応を示します。食物も管で胃に送り込めば、ちゃんと消化します。これに対して脳死状態の人は、そうした刺激に反応しません。自分では呼吸ができませんから、人工呼吸器をつけています。もし人工呼吸器をはずせば、数分後に心臓も止まってしまうのです。心臓は、血液の中の酸素をエネルギーにして動いているので、呼吸が止まればエネルギーの補給が途絶えてしまうからなんです。

では、どうしてこんな違いがあるんでしょうか。脳の構造を大ざっぱに分けると、大脳、小脳、脳幹の三つになります。大脳は、モノを考える所。小脳は体の運動を指令する所。脳幹は、内蔵の働きの管理など人間の生命を維持する所です。この三つの脳の機能が全部死んでしまった状態を脳死といいます。また、脳幹が死んでしまった状態でも脳死と呼ぶ専門家も多いのです。脳幹は人間の生命を維持する働きをしていますから、脳幹が死ねばまもなく大脳も死んでしまうというわけです。


●どうして脳死が起きるのか
脳死というのは、実はめったに起きないんです。普通の人が死ぬときは、まず心臓が止まり、血液が酸素を運ばなくなるため、続いて脳が死にます。つまりほとんどの人は、心臓死が起きてから脳死が起こります。ところがまれに、脳死が先に起きてから、やがて心臓が止まる人が出てきたのです。この、脳が死んで心臓が止まるまでの間を脳死といいます。脳死が起きるようになったのは、「人工呼吸器が発明されて、普及したから」です。

交通事故などで頭を強く打ち、脳をやられてしまった人に人工呼吸器をつけると、呼吸を続けられるので、心臓は動き続けます。しかし、脳はやられてしまっているから、もう元には戻らない。これが脳死です。脳死が起きるようになったのは、人工呼吸器が発明されてから後のことなのです。医療技術が発達したゆえに発生した問題なのです。


●なぜ脳死が問題になるのか
重い心臓病の人の中には、心臓移植をすれば助かる可能性の人がいます。「脳死は人の死」という基準があれば、心臓移植が可能になります。一度止まってしまった心臓は、他人に移植しても動きません。でも、生きている人から心臓を取ってしまっては、殺人になります。そこで、心臓移植を成功させるためには、「生きた心臓を持つ死体」が必要になります。つまり、脳死を死と考えれば移植ができるのです。そこが大きな問題なのです。


臓器移植法案
移植に使用するため、医師が死体(脳死した者の身体を含む)から臓器を摘出すること認め、また臓器の売買およびその斡旋の禁止を定める法律。移植に使用される臓器摘出の条件・手続,脳死の定義・判断基準等について規定している。臓器の摘出には、本人の書面による意思表示と遺族の同意が必要だが、遺言可能年齢を定める民法との関連で、15 歳未満の子供の臓器の摘出は現行法上できません。


(※上記の情報はいろんなとこから引っ張ってきただけで、僕のオリジナルじゃありません)
[PR]
by beerman7 | 2005-07-09 13:29 | 雑学系?