スポーツカメラマンの機材の値段

プロのスポーツカメラマンって、どんな機材を使っているのだろうか?と興味がわき調べていたところ、少し古いが、デジカメWatchで北京五輪開幕直前! プロカメラマンの機材を拝見という記事を見つけた。


それを今の商品ラインナップに変えて、価格.comにて価格と重量を計算してみると、

キヤノンボディ
EOS-1D X x2台 578,000円 x2、 1,530g x2
EOS 60D x1台 65,800 x1、 755g
キヤノンレンズ
EF16-35mm F2.8L II USM 154,737円、 635g
EF 24~70mm F2.8 L USM 157,500円、 950g
EF70-200mm F2.8L IS II USM 202,192円、 1,490g
EF400mm F2.8L IS II USM 957,921円、 3,850g
EF600mm F4L IS II USM 1,088,345円、 3,920g

ニコンボディ
D4 x2台 573,029円 x2、 1,180g
ニコンレンズ
AF-S 14-24mm f/2.8G ED 195,687円、 1,000g
AF-S 24-70mm f/2.8G ED 164,657円、 900g
AF-S 70-200mm f/2.8G ED VR II 197,999円、 1,540g
AF-S 400mm f/2.8G ED VR 913,000円、 4,620g
AF-S 600mm f/4G ED VR 977,000円、 5,060g


総額は約740万円、重量は30kgとなった。
これにスペアのバッテリーにバッテリーチャージャー、ストロボ(4台)、ストロボの乾電池、記録メディア、一脚(2本)のほか、ノートPC、カードリーダー、ノートPC用ACアダプターなどが加われば、800万円、40kgくらいになるだろうか。

ちなみにキヤノンとニコンで比較をすると(EOS 60D x1台を除く)、
キヤノン 3,716,695円、13.9kg、
ニコン 3,594,401円、15.5kg
と、ほぼ同額、ほぼ同重量であった。

まあ高いと思うかどうかはそれぞれではあるけれど、少し高い車を買うことを思えば、プロの機材がこんな金額で手に入ってしまうのだなあと僕は思ってしまうのだが…。
[PR]
by beerman7 | 2012-04-29 00:06 | PHOTO