人を傷つけて快感を感じる

そういう部位が脳の中にあるのだろうだ。ところが逆に、不快を感じる部位も脳は持ち合わせているという。人間が平和を願いつつも、戦争が相変わらず止まないことに関係がありそうだ。

先日見たTVで、こんな実験が紹介されていた。女性が男性の頬をひっぱたく映像を見せ、そのとき活動する脳の部位をMRIで調べるというもの。ある被験者には何も情報を与えず、ある被験者には「この男性はとても悪いことをして報いを受けるのです」という類の事前情報を与えてから映像を見せる。すると、先の被験者は不快を感じる脳の部位が活発に働き、後の被験者は快感を感じる脳の部位が活発に働いたという。

情報の真偽はともかく、その人が正しいと思っているというただそれだけのことで、脳の活動に変化を与えることができるという結果を示している。洗脳の原点かもしれない。


話は変わるが、先日、アメリカ海軍がソマリアの海賊に捕らわれていたイランの漁船を救出したという話がNHKでニュースになっていた。平田容疑者が自首をしたことなど他の5本ほどのニュースに比べると、すごく小さいニュースだと思ったのだが、わざわざアメリカの国務長官か誰かの「核問題で摩擦が起こっている最中だとしても、人道的な支援は政治的な話とは別です!」みたいなコメントまでも流していた。僕は大したニュースでもないのになぜこんなふうに流すのか?という疑問を持ってそのニュースを見ていた。

でも、そのニュースを流すことを日本政府が放送局に命令した、と考えたらそれはとても自然なことのように思えた。対米外交戦略として、アメリカに貸しを作っておくことは得策だと考えた人がいたのか、もしくはアメリカからそのような要求があったのかもしれない。いずれにしてもアメリカは「正義だ!」という情報を流しておき、いざイランへの攻撃が始まった時には、正義が悪を成敗するのだ、と日本人の脳に快楽物質をぶちまけるための布石として、そういう情報を流したのかもしれないな、と思っている。

そういえば、戦争や武力衝突に関係する報道って、アメリカ側からの立場から捉えたものしか見たことないと思うのは気のせいかな?そして世界中で紛争はたくさんあるのに、アメリカが関係していないところの報道は少ないのも気のせいかな?

僕がこうして書いていることを読んで、少し頭がおかしくなったのかな?と思う友達もいるかもしれない。昔の自分だったら今の自分をそう思うと思う。でも6年も海外に住んでいると、そういう洗脳が解けてしまったのか、日本を客観的に見れるようになってきていることも事実。

Yuikoが昔、戦争中のイラクを訪れた理由をこう話していた。たくさんの爆弾が投下されるところにも、普通に暮らしている人はいるだろうに・・・、それを私は見ておきたいと思った。ちなみに僕は、アメリカ万歳!もっと徹底的に攻撃して、間違った方向に進んでいる国家を正してやれ!と思っていた。


人間の脳は、自分のした行動がもともとの自分の想いとは違ったことをしても、自分が実際に行動したのだからその行為は正しかったのだ、と自分を否定しない方向に記憶をすり替える癖があるらしい。脳科学者の池谷さんの本にこんなことが書いてあった。好きな相手を振り向かせたかったら、頼みごとをしてそれを叶えてもらってください。頼まれた相手は、依頼主のことを好きではなかったとしても、脳は依頼主のために行動した事実(矛盾)を肯定したいがために、自分が好意を持っていたからその依頼に応えたのだ、と思い直すらしい。

TVを見続けること。自分が求めもしないのに、情報が垂れ流される環境は異常だ。でもその異常さに気づかせないためにどうしたらいいか。笑わせたらいい。笑いはそれを提供してくれる相手への大きな肯定の形だ。自分を楽しませてくれる人に悪い人はいない。正しい。そのうち、TVを見ることに疑問は感じなくなる。だって笑わせてくれるから。そう考えると、バラエティはTVを見ることに疑問を持たせないための撒き餌なのかもしれない。TV離れさせないために、適度にバラエティを組み込みなさいよ。でないと、TVから流れてくる情報が絶対だという神話が崩れて、洗脳しにくくなるから。

僕の勝手な妄想だけど、僕には十分あり得そうな話に思える。戦争中の情報統制を笑えない。僕らが、今の時代は自由だ!と思っていることがすでに洗脳されてる結果なのかもしれないからだ。


国家は…、生き残ることが最大の正義だ。そのために国民を洗脳することも、他国民をぶっ殺すことも時に必要なことだ、と考えているかもしれない。毛沢東やポルポトの原点も、理想の国家を目指す考えが暴走したものだ、と聞いたこともある。理想を守るために、邪魔者を排除しただけなのだ。リストラされたお父さんが昼間公園で過ごし、やがて給料日にサラ金に手を出す。家族を安心させるために必要なウソだと思えば否定はできない。僕が会社の経営者なら、従業員に働いていて幸せだと思わせるためにウソをつくかもしれない。結果それが企業の成長と存続に繋がっていくからだ。アラブの春は、情報統制がインターネットにより崩されてしまったひとつの結果だ。国家にとって今、インターネットは最大の脅威かもしれない。ツィッターが検閲の対象になるかも・・・。そんなニュースが流れてくると、いよいよ国家が情報統制に形振り構えなくなってきたか?とも思う。


僕らにできることは、自分の幸せを見失わないことだ。
僕は、自分の家族と笑って過ごしていくだけだ。
[PR]
by beerman7 | 2012-01-31 20:19 | 雑記