心痛め泣く

b0027109_15321178.jpg
だいぶ歯が生え揃ってきたHalは、噛むという行為が面白いのか、歯軋りをしたり僕らに噛み付いたりする。ただ、まだ加減というものを知らないので、時々飛び上がるほど痛い(笑)。

昨日は、ベッドの上でYuikoとHalの3人で遊んでいた。
いつものようにふざけてHalがYuikoに噛み付くと、本当に痛かったらしく彼女は「痛い!」と声を上げて泣き出すフリをした。僕は軽い気持ちで「あーあーHal。ママ痛くて泣いちゃったよ。ごめんなさいしなね」と言うと、それまで満面の笑顔だったHalの顔がみるみる崩れ、下唇を突き出し大粒の涙をポトリと落としたじゃないか。

僕にはその出来事が信じられず、というのもHalが人に共感することを理解できるとは思っていなかったので、「Hal、どうしたの?」と聞くと、Yuiko曰く1歳になる少し前くらいから、自分が怒られたりしたことが理解できるようになっているらしい。そういえばこの前タクシーの中であまりにはしゃくHalを少しきつめにしかったときも、ものすごいションボリ顔になっていたのを思い出した。そのときもただの偶然と思っていたのだけれど・・・。

1歳児、侮れずです。三つ子の魂 百までも、って本当なんだな。
それにしても、Halの崩れた顔が脳裏に焼きついて、叱るということを今後真剣に考えなければならないなあと反省した次第です。
[PR]
by beerman7 | 2011-01-15 15:36 | HAL・HANA