免許取得

正月とソンクラン(タイの正月/4月13~15日くらい)は、毎年チェンマイで工事が行われる。日本で言うと、盆と正月、工場が停止するので、その停止期間にしかできない工事をまとめてその期間に行うのだ。つくづく建設業に就職したことを悔やむ。

さて、以前はチェンマイに行ってもドライバーをつけてくれて、ホテルから現場への宿泊は送り迎えしてもらったものだったが、この頃は自分で運転したら?と車の鍵を渡されるようになってきた。なので大きな声では言えないが、仕方なく無免許で運転していたのであるが、この頃赤い服を着た人たちのおかげで検問も厳しくなってきていることだし、免許を取りに行くことにした。

以前にもタイで一度免許を取ったことがあるのだが、失効して3年ほど過ぎてしまったため、なんと筆記試験を受けねばならぬという。と言っても、コンピュータの画面から①~④の番号を選ぶというもの。制限時間は60分で、設問は30問。しかも日本語表示も可能。時折「城い線」などど書かれていて何のことかと思うが、「白い線」と言いたいのだろう。こちとらタイ人の話す日本語に普段から触れているので大してビビリもしない。しかしその問題の内容は日本と大いに違って笑える。

下記の中から、公道を走ってはいけない車両を選べ。
①ホイールをゴムで覆っているトラクター
②ブレーキランプの故障した乗用車
③騒音が80dB以上の乗用車
④戦車

日本ではどれも走ってはいけないんじゃないかなあ。4択のうち3択は走行可能だというのだから、これはなかなか選択が難しい。戦車ってのが選択肢に出てくるところも笑える。もしかして普通免許で運転可能なのかな?


適当に答えつつも、結果は80点。合格点はよく分からないけれど、とにかく僕の手元に5年物の運転免許証がやってきたのでした。
[PR]
by beerman7 | 2010-03-20 00:14 | タイログ