確かなもの

男ってのはつまらないなあと、HALが生まれてからそう思うことがよくある。

この間、自分の乳をHALの口に含ませてみたのだが、(かなり太ったので、Aカップくらいあるのだ!) 、しばらく吸うものの、ケッ!という感じで顔を背けられた。 俺はこの子を育むことはできないのだ。
子を生むのもそう。 女の人はお腹の中でだんだんと大きくなっていく我が子の存在を感じ続けて、 その体自体も変化していくだろうし、それこそ全身を駆使して子を成長させていく。 翻って男はといえば、はるか昔にわずかにぴゅっと出したものが、 大した自覚もないままにある日突然それが具現化して、 ああ、あの頃かなと認識する程度。
男はそもそも実感できることが少なすぎるのだ。 それは男が無自覚で馬鹿なだけでなく、体の構造上にすでに無理な話なのだ。

それは例えば人間が四足歩行だったら、 今のような人間世界が出来上がっていないのと同じ。 二足歩行だからこそ、 自動車にはハンドルがあってアクセルがついているという形になっているし、 エスカレーターには階段と一緒に動くゴムの手摺がついているし、 腰痛や痔と付き合うことにもなった。 つまり身体的な形状がまずあって、 そこから脳が発達し、 人間世界が出来上がったのだ。

ところで男脳、女脳などというが、 それは生理・身体の違いから脳の違いが生まれたんじゃないかと、僕は思う。だから、同じ人間で他の動物と比べれば身体的特徴は似通っているとはいえ、 男と女は絶対に分かり合えない部分があるだろうと思う。 ひょっとしたら人間のメスよりも チンパンジーのオスの方が分かり合えたりして・・・。 だからこそ、なんで俺のことがわからないんだ!というアプローチには出口が見えないし、お互いを思いやるということが大事になるのかもしれない。


さて、前置きが長くなったけれど、そんなわけでHALは確かに僕の子どもなのだ、 とは頭では理解できても、 疑うとかそんなんではなくて、身体的に理解できなかったりする。



ところがまあ、こんなふうに並べてみれば、 これは疑いようのない事実だと理解するしかないわけで・・・。
b0027109_22392990.jpg

手相って遺伝するんだね・・・。
b0027109_22395499.jpg

[PR]
by beerman7 | 2010-01-02 22:43 | HAL・HANA