フリーになりたての頃、というか仕事がある程度安定してきたなと思えるつい最近まで、スポーツ系やスクール系のフォトサービスのアルバイトはよくやったものだ。一度のギャラは安くても、家でボーっとしているよりはマシだからだ。

でも、広告会社などから仕事をもらえるようになってくると、特にスポーツ系のフォトサービスのギャラ設定が安すぎることに気づく。カメラマンをやっている方ならわかると思うけれど、スポーツ系はとにかく機材に金がかかる。ボディに50万円以上、レンズも100万円近く。もちろんボディもレンズも一台、一本と行かないから軽く普通車が買えるくらいの金額にはすぐなってしまう。

もちろんそこまでお金をかけなくてもある程度の写真は撮れる。だけど、例えば同じスタジアムで328、428、54などがひしめく中で、7DMK2に70-300mmのズームレンズで撮ってたらまず惨めな気分になるし(←以外にこれが大きい!)、自分がいい写真が撮れないのは機材のせいだ!なんて思ってしまう。ただし実際の現場では、もし屋外昼間なら8割近く(2割くらいは機材の違いでどうにも超えられない壁もある)は腕でカバーできると思うな。


さて本題。皆さんは自分のギャラをどのように決めていますか?
僕は概ね、3時間以内なら3.5万円、6時間以内なら5万円でやらせてもらうことが多い。

その内訳はこうだ。
機材費:ボディ1.5万円、レンズ0.5万円、合計:2万円
(この金額はネットのレンタルショップから引っ張ってきた大体の価格)
人件費:3時間 1.5万円、6時間3万円

プロとして相手を満足させられるクオリティを提供できるなら、人件費も決して高いと思う金額ではない。機材は自分で購入しているから、ランニングコストはタダと言えばタダだけど、先行投資してそれを回収しなければ、機材ビンボーになるだけだから、その辺りも考えて、自分のギャラを決めていくべきだと思う。


ところが例外はスポーツ系だ。
スポーツ系はギャラが2~2.5万円ほど。僕は請けないけど、1.5万円くらいでやっている人も多いと思う。

だけどスポーツは真面目に撮ろうと思ったら、その内訳はこんな感じ。
機材費:ボディ2万円x2台、望遠単焦点1.5万円、中望遠レンズ0.5万円、標準レンズ0.5万円、合計6.5万円
人件費:3時間 1.5万円、6時間3万円

つまり半日なら8万円、一日なら9.5万円くらいの価値のある仕事である。
その上撮影枚数も多いため、その日一日では終わらない。
もう一日整理する時間のギャラを上乗せすると、10万円以上もらわないと本来は成り立たない仕事なのだ。

それなのに一日2万円…。
僕もそうだけど、スポーツ撮るのはとても楽しい。決定的な瞬間を撮れた時の手応えと言ったら、夢精してしまうくらいの爽快感だ。だけど、お金をもらえないってことは価値として認められていないということでもあるなあ、なんて考えていたら、そういう仕事をやるのがだんだん馬鹿らしくなってきてしまった。

100円ショップって便利だけど、本当に価値のあるものが置いてあるなんて誰も思ってないのと同じ。そう、馬鹿にされてんだよね。
などと、卑屈とは思いつつ、最近はそう思えてきてしまって、スポーツ系の写真は特にやる気がなくなってきてしまった。
東京オリンピックまでは、絶対頑張ろうと思ってたんだけどねー。

[PR]

「ボランティアで!」とか「男気で!」、つまりは「タダで!」写真を撮って欲しいとか、ドローンを飛ばして欲しいと言って来る人がいる。

普段から持ちつ持たれつの関係だったり、自分に興味があればやることもあるけど、大抵の場合はお断りする。


そんなふうに頼んで来る人は例えば、「お腹を空かせて困っている人がいるからタダでお弁当をくれ!」とコンビニで頼んだりもするのだろうか?

もしあなたがそうしたいのなら、自分でお金を出して弁当を買って、困っている人に与えればいいだけだと思うのだ。


あなたのその「ボランティア精神」とか「男気」とかはこっちには関係ない話だから、頼むからケチ!などと腹を立てるのは止めてください。


[PR]
初めてドローンを操縦した時、何コレ?分かりずら!と思ったものです。
で、いろいろ調べると操縦の方法を決定するモードというのがあって、
モードを変えれば、操縦の仕方を変えることができることが分かってきました。

僕が最初に操縦したモードは、モード1でした。
従来のラジコンヘリの操縦が、この方式みたいですね。
ネットに分かりやすい画像があったので、拝借しました。
b0027109_22251664.png
機体を後方から眺めた空間イメージで操作するなら、モード1の方がよさそうですが、ドローンの場合は目的が映像を撮影することなので、機体を上方から見た空間イメージの方が直感的に操作しやすそうです。そう考えると、まっさらから始める方ならば、モード2の方が始めやすいかも知れません。僕自身も、モード2に変えた途端に、ある程度イメージ通りに操作できるようになりました。

だけどこの操作方法を眺めていて思ったのが、モード2のプロポのレバー操作が左右逆だったら、昔ファミコンでやったゼビウス(古!)で鍛えた十字キーと同じように、左レバーで前後左右が操作できるのに!と思っていたら、なんとモード3というのが、このモード2の左右レバー逆バージョンだということが分かり、さっそくモード3に設定しました。ちなみにモード4というのもあって、これはモード1の左右レバー逆バージョンだそうです。

日本で主流なのはモード1で、海外ではモード2が主流のようですが、モード3や4が使われることはあまりないようなので、僕が設定したモード3に慣れてしまうと、万が一他の期待を操作しなければならなくなった時に、そのプロポがモード3に対応してないかも知れないことを考えると、モード2の方がいいのかな?なんて思ったりもするけど、まあそんな機会もないでしょうから、しばらくモード3で練習していこうと思います。


空撮の依頼はこちらからどうぞ!

[PR]
# by beerman7 | 2016-07-10 07:23 | ドローン
INSPIRE 1を購入してから、毎日のように飛ばして遊んで…、いやトレーニングを積んでいるわけですが、ある日海の上を飛ばしていた時のことです。

「超音波センサーが故障したため、すぐに着陸させてください」という警告が、タブレットの画面に現れた。すぐにって言われても、すぐに着陸できない海の上だったからチョー焦ったのですが、焦っても仕方がないので、まず一番近い陸地の上空まで移動させて、そのあとホームポイントに戻しました。無事戻ってきてひと安心ではあるものの、気になるアラーム。さっそくDJIの製品サポートに問い合わせてみると、ビジョンセンサーの不具合の可能性があるとのこと。販売元に聞いてみても、聞いたことのない警告なので、おそらく初期不良ではないか、とのこと。しかし取扱説明書には、水面の上空など超音波が反射しにくい場所ではうまく機能しないことがあると書かれていたので、まあしばらく様子を見ようかな、と思って、しばらく使っていた。

しかししかーし、ここで大きな落とし穴が…。故障を疑って初めて「はて?保証書はどこだったかな?」と記憶を辿ってみたのだが、どうにも見た記憶がない。販売元に聞いてみると保証書はなくて、INSPIRE 1の製品保証はなんと”12日間”しかないのだそうである。それならそれで、始めにちゃんと言ってくれないと、初期不良ということが分かる前に12日過ぎてしまったら、初期不良であったにも関わらず、自腹で修理を行わなくちゃならないじゃないか!知り合いだからうるさく言わなかったけど、普通なら不親切すぎておじさん思わず怒っちゃうところであった。

ラッキーだったのは、「超音波センサーが故障したため、すぐに着陸させてください」という警告はその後、普通の地面の上でも2度ほど発報し、「バッテリー破損」というこれまた心臓に悪いアラームが飛行中に出たため、こりゃもう一度見てもらった方がいいな、と思って連絡したのが、ギリギリ12日に納まっていたことである。
b0027109_21565002.jpg

ということで、買って一週間ほどで、修理のために僕の手元を離れていってしまったのでした…。


空撮の依頼はこちらからどうぞ!

[PR]
# by beerman7 | 2016-07-06 21:57 | ドローン
カメラの設定についての情報は、メーカーのHPや取扱説明書を見ても詳しく書かれていないので、実際の操作画面から設定できる項目やパラメータを拾い出して、書いてみました。

★カメラスペック
■名称:X3 ■モデル:FC350
■総画素数:12.76Mピクセル(1200万画素)
■有効画素数12.4Mピクセル ■最大サイズ:4000x3000
■ISOレンジ:100~3200 ■FOV(視野角):94°
■CMOS:SONY EXMOR 1/2.3" ■レンズ:f/2.8、9枚構成、歪み防止
■写真モード:シングルモード、連写モード、オートブラケット、タイムラプス
■ビデオ録画モード:UHD(4K)、FHD、HD(実際は2.7Kもあります)
■最大書き込み速度:60Mbps ■対応ファイル形式:FAT32/exFAT
■静止画:JPEG,DNG ■動画:MP4,MOV(MPEG-4 AVC/H.264)
■対応SDカードタイプ:Micro SD(SD/SDHC/SDXC)
■最大容量:64GB ■クラス:10以上 ■動作環境:0~40℃


★カメラ設定
■カメラモード
シングルショット/連写(3・5・7)/AEB連写(3・5、0.7EVステップ)/タイムラプス(10s・20s・30s)
■写真サイズ 4:3、16:9
■フォーマット RAW/JPEG/JPEG+RAW
■ホワイトバランス
AWB/晴天/曇り/白熱灯/蛍光灯/マニュアル設定(2,000~10,000K)
■ピクチャースタイル
キャリブレーション/ランドスケープ/ソフト/カスタム
(シャープネス、コントラスト、彩度を-3~+3で設定)
■カラープロファイル
D-Log/D-Cinelike/TrueColor/None/Art/Black&White/Vivid
■露出モード
オート、SS優先露出モード、マニュアル露出モード
(SS=8s~1/8000、ISO=100~1600、露出補正±3.0)


★ビデオ設定
■ビデオサイズ
4K 4096x2160(24fps),3840x2160(24,30fps)
2.7K 2704x1520(24,30fps)
1080P 1920x1080(24,30,48,60,120fps)
720P 1280x720(24,30,48,60fps)
■映像フォーマット MOV/MP4
■NTSC/PAL
■ホワイトバランス
AWB/晴天/曇り/白熱灯/蛍光灯/マニュアル設定(2,000~10,000K)
■ピクチャースタイル
キャリブレーション/ランドスケープ/ソフト/カスタム
(シャープネス、コントラスト、彩度を-3~+3で設定)
■カラープロファイル
D-Log/D-Cinelike/None/Art/Black&White/Vivid/Beach/Dream/Classic/Nostalgia
■露出モード
オート、SS優先露出モード、マニュアル露出モード
(SS=1/30~1/8000、ISO=100~3200、露出補正±3.0)


★共通設定
ヒストグラム表示、動画字幕、露出オーバー警告、グリッド(格子、格子と対角線)、センターポイント(形状等設定)、アンチフリッカー(AUTO,50Hz,60Hz)、ファイルインデックスモードリセット(リセット、継続)、SDカード初期化、パラメータリセット


このうち、ピクチャースタイルやカラープロファイルについては、設定の違いを知りたいところではあるけれど、後で編集ソフトで弄ったほうが、いかようにも変えられるので、オリジナルはあまり変に設定しないほうがいいかもしれませんね。
映像方式の設定については、現状4Kで撮っても編集するのは難しいので、現実的にはフルHDってとこでしょうか。その他知り合いのビデオカメラマンに聞いたところによると、フォーマットはWindows環境ならMP4、フルHDも記録容量を気にしないなら120fpsにしておくと良いようです。

最後に、カメラの上位機種との比較がありましたので、ご参考まで!



[PR]
# by beerman7 | 2016-07-05 13:02 | ドローン