初めてドローンを操縦した時、何コレ?分かりずら!と思ったものです。
で、いろいろ調べると操縦の方法を決定するモードというのがあって、
モードを変えれば、操縦の仕方を変えることができることが分かってきました。

僕が最初に操縦したモードは、モード1でした。
従来のラジコンヘリの操縦が、この方式みたいですね。
ネットに分かりやすい画像があったので、拝借しました。
b0027109_22251664.png
機体を後方から眺めた空間イメージで操作するなら、モード1の方がよさそうですが、ドローンの場合は目的が映像を撮影することなので、機体を上方から見た空間イメージの方が直感的に操作しやすそうです。そう考えると、まっさらから始める方ならば、モード2の方が始めやすいかも知れません。僕自身も、モード2に変えた途端に、ある程度イメージ通りに操作できるようになりました。

だけどこの操作方法を眺めていて思ったのが、モード2のプロポのレバー操作が左右逆だったら、昔ファミコンでやったゼビウス(古!)で鍛えた十字キーと同じように、左レバーで前後左右が操作できるのに!と思っていたら、なんとモード3というのが、このモード2の左右レバー逆バージョンだということが分かり、さっそくモード3に設定しました。ちなみにモード4というのもあって、これはモード1の左右レバー逆バージョンだそうです。

日本で主流なのはモード1で、海外ではモード2が主流のようですが、モード3や4が使われることはあまりないようなので、僕が設定したモード3に慣れてしまうと、万が一他の期待を操作しなければならなくなった時に、そのプロポがモード3に対応してないかも知れないことを考えると、モード2の方がいいのかな?なんて思ったりもするけど、まあそんな機会もないでしょうから、しばらくモード3で練習していこうと思います。


空撮の依頼はこちらからどうぞ!

[PR]
# by beerman7 | 2016-07-10 07:23 | DJI INSPIRE 1
INSPIRE 1を購入してから、毎日のように飛ばして遊んで…、いやトレーニングを積んでいるわけですが、ある日海の上を飛ばしていた時のことです。

「超音波センサーが故障したため、すぐに着陸させてください」という警告が、タブレットの画面に現れた。すぐにって言われても、すぐに着陸できない海の上だったからチョー焦ったのですが、焦っても仕方がないので、まず一番近い陸地の上空まで移動させて、そのあとホームポイントに戻しました。無事戻ってきてひと安心ではあるものの、気になるアラーム。さっそくDJIの製品サポートに問い合わせてみると、ビジョンセンサーの不具合の可能性があるとのこと。販売元に聞いてみても、聞いたことのない警告なので、おそらく初期不良ではないか、とのこと。しかし取扱説明書には、水面の上空など超音波が反射しにくい場所ではうまく機能しないことがあると書かれていたので、まあしばらく様子を見ようかな、と思って、しばらく使っていた。

しかししかーし、ここで大きな落とし穴が…。故障を疑って初めて「はて?保証書はどこだったかな?」と記憶を辿ってみたのだが、どうにも見た記憶がない。販売元に聞いてみると保証書はなくて、INSPIRE 1の製品保証はなんと”12日間”しかないのだそうである。それならそれで、始めにちゃんと言ってくれないと、初期不良ということが分かる前に12日過ぎてしまったら、初期不良であったにも関わらず、自腹で修理を行わなくちゃならないじゃないか!知り合いだからうるさく言わなかったけど、普通なら不親切すぎておじさん思わず怒っちゃうところであった。

ラッキーだったのは、「超音波センサーが故障したため、すぐに着陸させてください」という警告はその後、普通の地面の上でも2度ほど発報し、「バッテリー破損」というこれまた心臓に悪いアラームが飛行中に出たため、こりゃもう一度見てもらった方がいいな、と思って連絡したのが、ギリギリ12日に納まっていたことである。
b0027109_21565002.jpg

ということで、買って一週間ほどで、修理のために僕の手元を離れていってしまったのでした…。


空撮の依頼はこちらからどうぞ!

[PR]
# by beerman7 | 2016-07-06 21:57 | DJI INSPIRE 1
カメラの設定についての情報は、メーカーのHPや取扱説明書を見ても詳しく書かれていないので、実際の操作画面から設定できる項目やパラメータを拾い出して、書いてみました。

★カメラスペック
■名称:X3 ■モデル:FC350
■総画素数:12.76Mピクセル(1200万画素)
■有効画素数12.4Mピクセル ■最大サイズ:4000x3000
■ISOレンジ:100~3200 ■FOV(視野角):94°
■CMOS:SONY EXMOR 1/2.3" ■レンズ:f/2.8、9枚構成、歪み防止
■写真モード:シングルモード、連写モード、オートブラケット、タイムラプス
■ビデオ録画モード:UHD(4K)、FHD、HD(実際は2.7Kもあります)
■最大書き込み速度:60Mbps ■対応ファイル形式:FAT32/exFAT
■静止画:JPEG,DNG ■動画:MP4,MOV(MPEG-4 AVC/H.264)
■対応SDカードタイプ:Micro SD(SD/SDHC/SDXC)
■最大容量:64GB ■クラス:10以上 ■動作環境:0~40℃


★カメラ設定
■カメラモード
シングルショット/連写(3・5・7)/AEB連写(3・5、0.7EVステップ)/タイムラプス(10s・20s・30s)
■写真サイズ 4:3、16:9
■フォーマット RAW/JPEG/JPEG+RAW
■ホワイトバランス
AWB/晴天/曇り/白熱灯/蛍光灯/マニュアル設定(2,000~10,000K)
■ピクチャースタイル
キャリブレーション/ランドスケープ/ソフト/カスタム
(シャープネス、コントラスト、彩度を-3~+3で設定)
■カラープロファイル
D-Log/D-Cinelike/TrueColor/None/Art/Black&White/Vivid
■露出モード
オート、SS優先露出モード、マニュアル露出モード
(SS=8s~1/8000、ISO=100~1600、露出補正±3.0)


★ビデオ設定
■ビデオサイズ
4K 4096x2160(24fps),3840x2160(24,30fps)
2.7K 2704x1520(24,30fps)
1080P 1920x1080(24,30,48,60,120fps)
720P 1280x720(24,30,48,60fps)
■映像フォーマット MOV/MP4
■NTSC/PAL
■ホワイトバランス
AWB/晴天/曇り/白熱灯/蛍光灯/マニュアル設定(2,000~10,000K)
■ピクチャースタイル
キャリブレーション/ランドスケープ/ソフト/カスタム
(シャープネス、コントラスト、彩度を-3~+3で設定)
■カラープロファイル
D-Log/D-Cinelike/None/Art/Black&White/Vivid/Beach/Dream/Classic/Nostalgia
■露出モード
オート、SS優先露出モード、マニュアル露出モード
(SS=1/30~1/8000、ISO=100~3200、露出補正±3.0)


★共通設定
ヒストグラム表示、動画字幕、露出オーバー警告、グリッド(格子、格子と対角線)、センターポイント(形状等設定)、アンチフリッカー(AUTO,50Hz,60Hz)、ファイルインデックスモードリセット(リセット、継続)、SDカード初期化、パラメータリセット


このうち、ピクチャースタイルやカラープロファイルについては、設定の違いを知りたいところではあるけれど、後で編集ソフトで弄ったほうが、いかようにも変えられるので、オリジナルはあまり変に設定しないほうがいいかもしれませんね。
映像方式の設定については、現状4Kで撮っても編集するのは難しいので、現実的にはフルHDってとこでしょうか。その他知り合いのビデオカメラマンに聞いたところによると、フォーマットはWindows環境ならMP4、フルHDも記録容量を気にしないなら120fpsにしておくと良いようです。

最後に、カメラの上位機種との比較がありましたので、ご参考まで!



[PR]
# by beerman7 | 2016-07-05 13:02 | DJI INSPIRE 1
さてさて、だけどオレもプロとして写真や動画を提供していくならばPhantom4にすっかぁ!と腹を決めて、ちょっと国土交通省の無人航空機(ドローン)の飛行ルールなどについて調べていた。

するとすると、資料の一部を省略することができる無人航空機なるものがあるらしい、ということが分かった。
見てみると、ほとんどDJI の製品じゃないか。
そして今無事認可されているPhantom4は、僕が悩んでいる頃はそのリストになかった。

…やっぱ、Phantom3にすっか、思ったころ、価格.comのPhantom4の掲示板を見ていたら、なななんと、それまで\420KだったINSPIRE 1が急に値下げして、\241Kで買えるというではないか。

さらにちょうどその頃、NHKのプロフェッショナルという番組で、ドローンパイロットの請川さんの回が放送された。
職人だわ、この人。かっちょえーーーーーー!
そして放送の中で請川さんが使っていたドローンは、INSPIRE 1であった。

もう心はINSPIRE 1である。
ということで、さっそくINSPIRE 1をポチった。
むははははは!もちろん嫁には内緒である!


空撮の依頼はこちらからどうぞ!

[PR]
# by beerman7 | 2016-07-03 21:21 | DJI INSPIRE 1
その前に、僕の立ち位置をば…。

いま僕は、プロのカメラマンとして生きている。カメラマンの延長として、プロの道具として、ドローンを購入しようと考えた。というのも、ドローンはやってないの?と時々聞かれるようになったし、北海道で建設中のダムをドローンで撮影できるならお願いしたい、と言ってくれる企業まで現れたからだ。北海道、行きたいじゃん?だから、買うことにしました。始めは墜落させて壊しそうなので、とりあえずスペックとしてフルHD撮れるものなら、いいんじゃない?と考えた。どうせ4Kなんか撮れたって、一般的なPCで編集できるようになるのはまだ先の話だし。で、なるべく安い方がいいじゃん?

で、始めに候補に考えたのは、Parrot社のBebop。だけど、2016年3月に幕張メッセで行われた「Japan Drone 2016-Expo」というのに出かけてみたら、もう撮影用にはDJI以外あり得ないな、という感じの圧倒的な強さを感じたのと、知り合いがネット通販でDJI製品を扱っていたので、心はDJI Phantomへ。ところでDJIって突然値下げするんだよね。Phantom4が出た瞬間に、Phantom3が大幅に値下げになった。どうせ落としてぶっ壊すかもしれないから、始めは安いのでいいやと思い、Phantom3のstanndardにしようかな、と思っていた。

ところがそのネット通販の知り合いから、
・デバイスホルダーがスマホまでの大きさまでしか使えない
・送信機とデバイス、機体との構築がwifiで、やや安定しない
・カメラのセンサーがPro/AdvはSony Exmor Rに対し、Panasonic Smart FSI
・対応GPSが、Pro/Advロシア衛星GLONASSに対し、Standardは未公表で、安定性はGLONASSの方が良い
・超音波センサーがついていない
・Sta/Advは2.7K(30fps)、Proは4K(30fps)
などの理由で、今ならPhantom3のProがおススメという連絡が来た。

ちなみに、価格はPhantom3 Standard「¥72K」、Adv「¥104K」、Pro「¥129k」、Phantom4「¥189K」だった。
最初は練習機として、まずは操作に慣れることが第一だと思っていたので、飛行性能や安定性などはもちろん高いに超したことはないが、あまりそこにお金を払う気には正直なれていなかった。画質が違うということならば話は別だが、別にどれもフルHD撮れるし、何より価格がね…。



それなら、カメラのスペックは同じにしても収差などが改善されている(色収差は56%、魚眼の歪みは36%低減)Phantom4に思い切って行ってしまうか!と考えるようになった。なぜならその知り合いが試しにと体験操縦させてくれた際に撮影したPhantom3の静止画が、10年前のコンデジ?程度の画像だと思ってしまったからだ。

b0027109_23002591.jpg

まだまだ悩むのである。発売されたばかりとはいえ、Phantom4「¥189K」は割高感があったからね。
(つづく)


空撮の依頼はこちらからどうぞ!

[PR]
# by beerman7 | 2016-07-02 23:09 | DJI INSPIRE 1